イーサリアム(ETH)とソラナ(SOL)で熱い再ステーキング:収益最大化とリスク軽減の風景

By CoinDesk – 2024/05/09 06:30:05 (JST)

伝統金融における再担保付けに類似する概念である再ステーキングが、特にEigenLayerとそのEIGENトークンのエアドロップにより、仮想通貨界で人気を博しています。この実践は、派生商品を通じてロックされたETH資産を解放し、所有者が追加収入を得ることを可能にします。ETHの数十億ドルが再ステーキングされる中、Solana(SOL)への導入を目指す取り組みも進行中であり、その中にはJito(JTO)も含まれています。

支持者は、再ステーキングがSolanaのスタートアップのブロックチェーンアプリケーションのセキュリティ向上に貢献すると信じていますが、批評家は潜在的なシステムリスクに懸念を表明し、2008年の金融危機との類似性を指摘しています。リスクにもかかわらず、ETHの再ステーキング参加者は、CESRが報告するEthereumステーキング収益率(3.13%)よりも高い収益を享受しています。しかし、仮想通貨空間における最大抽出可能価値(MEV)の台頭により、検証者が取引順序を最適化して利益を最大化することが複雑さと論争をもたらしています。

MEVへの対応として、人気のあるEthereumウォレットであるMetaMaskが、ユーザーを潜在的な搾取から保護する機能を導入しています。この動きは、伝統金融のダークプールの概念を模倣し、ユーザーを不利な価格変動から保護することを目的としています。仮想通貨のMEVと伝統金融のハイフリクエンシートレーディングの進化するダイナミクスは、金融領域における永続的なイノベーションとリスクを浮き彫りにし、継続的な警戒と適応の必要性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: