Lednの記録的な第1四半期の690百万ドルの融資が市場の回復を示唆

By CoinDesk – 2024/05/09 22:10:05 (JST)

Ledn、今年第1四半期に融資額が約6億9,000万ドルを超える急増を経験し、これまでで最も成功した四半期となりました。これらの融資の大部分、84%以上が機関向けに向けられ、米国でのスポットビットコインETFの承認後、需要が急増しました。Lednは、これらの融資の相当部分がETF市場メーカーに発行され、数億ドルに上ることを強調しました。

LednのCEOであるAdam Reedsは、2022年11月以来の融資残高の大幅な成長と、デジタル資産金融商品への需要増加に対応することで市場での強化された地位を指摘し、今後の業績に向けて前向きな軌道を築いたと述べました。2024年第1四半期の同社の成功は、業界の変化や顧客ニーズに適応する能力を反映し、将来の市場での業績に対する期待感を示しています。

Lednなどの中央集権型貸出業者は、2022年の暴落後に回復していますが、Aaveなどの分散型ファイナンス(DeFi)貸出プラットフォームは引き続き繁栄し、膨大な総保有価値(TVL)を蓄積しています。Lednの戦略的取り組み、例えば暗号資産担保ローン商品の導入やBitGoとのカストディアルサービス提携は、機関および小売顧客の融資需要を獲得する上で成功に貢献しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: