Arch LabsがMulticoin Capital主導で7,000万ドルのシードラウンドを調達、Bitcoinネイティブアプリケーションプラットフォームを展開

By The Block – 2024/05/10 01:10:09 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
BitcoinネイティブアプリプラットフォームArch、Multicoin Capital主導の70

新しい記事と類似した記事の両方が、Arch LabsがMulticoin Capitalをリードとする700万ドルのシード資金調達を達成したと報じており、OKX Venturesや他の投資家の参加も言及しています。両方の記事は、Arch Labsがビットコインブロックチェーン上で直接「ブリッジレス」取引を導入し、開発者向けにArchVMを使用することを強調しています。ただし、新しい記事には類似した記事にはない追加の詳細が提供されています。資金調達ラウンドが3月に開始され、4月に終了したこと、さらに20以上のステルス段階のプロジェクトがArchに開発のために移行していることについて言及しています。さらに、プロジェクトの今後のマイルストーンについても議論し、今年の下半期に予定されているパブリックデブネットの立ち上げやメインネットの展開についても触れています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実や詳細が含まれています。

BitcoinネイティブアプリケーションプラットフォームArchのチームであるArch Labsは、Multicoin Capitalを主導とするシードラウンドで700万ドルを調達しました。このプロジェクトは、従来のLayer 2ネットワークとは異なり、ユーザーの保護と信頼を重視し、Bitcoinブロックチェーン上で「ブリッジレス」取引を実現することを目指しています。開発者は、Rustで構築されたArchVMを使用して、さまざまなBitcoinウォレットを利用するユーザーに特別なウォレットのダウンロードや資産のブリッジが必要なく、アプリケーションを簡単に展開できます。資金調達ラウンドは3月に開始され、4月に迅速に終了し、多くの投資家の関心を集め、成功裏に完了しました。Archは、Bitcoinエコシステム内で注目を集めており、20以上のステルス段階プロジェクトがArchに移行して開発を進めています。今後のマイルストーンには、パブリックデブネットの立ち上げと、今年後半に予定されているメインネットの展開が含まれます。これには、エコシステムの成長を促進し、Bitcoin上で構築されたアプリケーションをサポートするためのインセンティブプログラムが付随します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: