US Bank of AmericaとRothschild & Co.、第1四半期にSpot Bitcoin ETFに2000万ドルを投資

By PANews – 2024/05/10 09:40:32 (JST)

米国のBank of AmericaとRothschild & Co.は、今年の第1四半期にSpot Bitcoin ETFに合計約2,000万ドルを投資しました。US Bancorpは、さまざまなBitcoin ETFで1,500万ドル以上の保有を開示し、一方、Edmond De Rothschild Holding SAはBlackRockのIBITとGBTCに4,200万ドル以上を投資したことを報告しました。これらの投資は、Hightower Advisors、SouthState Bankなど複数の企業が積極的にSpot Bitcoin ETFに投資しているトレンドの一環です。MassMutualもGrayscaleのGBTCの保有を増やしました。US BancorpとEdmond De Rothschild Holding SAによるSpot Bitcoin ETFへの総投資額は、今年の第1四半期に2,000万ドルに達しました。米国の主要な銀行持株会社であるUS Bancorpは、FidelityのFBTC、GrayscaleのGBTC、BlackRockのIBITに投資し、一方、Edmond De Rothschild Holding SAはBlackRockのIBITとGBTCに焦点を当てました。Hightower AdvisorsやMassMutualなどの他の企業もBitcoin ETFへの投資を増やしており、機関投資家からの関心の高まりを示しています。開示は2024年第1四半期をカバーしており、今後数日で他の企業も投資状況を公表する見込みです。BlackRockとBitwiseの幹部は、機関投資家が引き続きSpot Bitcoin ETFに関心を示すと予想しています。Bank of America、Rothschild & Co.などの企業による投資は、仮想通貨の機関採用の広範なトレンドを反映しています。企業が市場に参入し、Bitcoin ETFの保有を増やすにつれて、仮想通貨市場は引き続き成長し、伝統的な金融機関からの関心が高まるでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: