イーサが手数料削減のDencunアップグレード後にインフレ資産に逆戻り

By CoinDesk – 2024/05/10 11:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イーサリアムのDencunアップグレードがインフレ懸念を引き起こす:CryptoQuantレポート

この記事と類似した記事の両方が、Dencunのアップグレードがイーサリアムに与える影響について論じており、特に取引手数料の減少とそれに続くETHの焼却量の減少により、イーサリアムがデフレーショナリーからインフレーショナリーな資産に移行する点を取り上げています。両記事とも、アップグレード後のETH供給の急速な増加を強調し、2022年のマージ以来最も速い増加と位置付けています。また、ネットワーク活動と手数料焼却の分離により、供給量が焼却量を上回る増加につながっていることを論じています。類似した記事はCryptoQuantのレポートを参照していますが、この記事はそうではありませんが、提示された情報はほぼ同じです。この記事には、類似した記事でカバーされていない新しい事実や数字はありません。

イーサリアムの最新のDencunアップグレードにより、イーサ(ETH)はインフレ資産に逆戻りし、2022年のMergeの主な利点の1つを無効にしました。このアップグレードは手数料を引き下げ、ネットワークの拡張性を向上させることを目的としており、プラットフォーム上の取引手数料が大幅に減少しました。しかし、これによりETHの焼却量が減少し、供給が2022年以来最も速いペースで増加しています。

2022年のMergeでは、イーサリアムがプルーフオブワークからプルーフオブステークのブロックチェーンに移行し、ロンドンアップグレードによりETHをデフレーション資産に変える手数料焼却メカニズムが導入されました。一方、Dencunアップグレードは、「danksharding」を通じてブロックストレージを改善し、レイヤー2ネットワークのコストを削減しました。この変化により、4月以来イーサの供給が40万トークン増加し、手数料焼却量がネットワークの成長を追い越している状況が生じています。

以前は、Merge後にイーサの総供給量が減少していましたが、最近の変更により、ネットワーク活動と手数料焼却との間に切り離しが生じました。その結果、供給の自然な増加が焼却量を上回り、デフレーショントレンドが逆転しています。この変化は、イーサリアムの経済動態へのネットワークアップグレードの影響と、そのトークン経済の進化を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: