DCGが業界の動向に対応し、強力な第1四半期の収益成長を報告

By CoinDesk – 2024/05/10 14:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)が業界の課題に直面しながら数か月ぶりに初の

新しい記事と類似した記事の両方が、DCGとGrayscaleの財務パフォーマンスについて取り上げており、特にGBTCからETFへの変換とそれが収益に与える影響に焦点を当てています。両方の記事はまた、新製品であるGrayscale Bitcoin Mini Trust ETFの申請に言及しています。ただし、新しい記事はDCGの第1四半期の収益に関するより詳細な数字、この収益に対するGrayscale、Foundry、およびLunoの貢献、および昨年同期間と比較しての収益とビットコイン価格の増加率を提供しています。これらの具体的な数字は類似した記事には含まれていません。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実が含まれています。

Digital Currency Group(DCG)は、第1四半期の収益が2億2900万ドルであり、Grayscaleがこのうち1億5600万ドルを貢献した。Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)をETFに変換したことによる償還と管理手数料の削減にもかかわらず、収益は前四半期とほぼ横ばいとなった。DCGは、GBTCからの収益が予想を上回り、ETF構造下での予想される流出や競争の増加にもかかわらず、期待を上回ったと述べた。

DCGの他の事業であるFoundryとLunoは、それぞれ35%と46%の収益増を記録した。同社は、2024年第1四半期における業界の重要な動向を強調し、米国でのGBTCおよびスポットビットコインETFの承認、および3月のビットコイン価格の過去最高値などを挙げた。DCGは、年間ベースで、前年同期比で第1四半期の収益が51%増加し、ビットコイン価格が134%上昇した。

Grayscaleは、GBTCをスポットETFに変換したことで、10社の発行者の1つとなり、大きな流入を集めたが、GBTCは競合他社よりも高い管理手数料により大きな流出を経験した。Grayscaleは、低い手数料を持つ新製品であるGrayscale Bitcoin Mini Trust ETFを申請し、米国証券取引委員会の承認を待っている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: