インドの金融情報ユニットがバイナンスとクーコインを承認、暗号通貨の信頼性が変化

By CoinDesk – 2024/05/11 07:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
BinanceとKuCoinがインドの金融情報部に登録完了

新しい記事と類似した記事の両方が、インドの金融情報ユニット(FIU-IND)によるBinanceとKuCoinの承認を報じています。両方とも、KuCoinが直面しているまたは直面している罰金額である4万1,000ドルについて言及しています。しかし、新しい記事は、類似した記事にはない追加情報を提供しています。それは、Vivek AggarwalがFIU-INDのリーダーシップを担当していること、FIUがコンプライアンス問題に積極的に取り組んでいること、インドの規制姿勢が暗号通貨に与える影響、および2023年のG20議長国としてのインドの暗号通貨政策に関するグローバルな合意の達成を目指していることについて述べています。また、類似した記事には言及されていない「PMLAにおける効果的なコンプライアンスへの道:仮想デジタル資産サービスプロバイダー」という報告書についても触れています。したがって、類似点はあるものの、新しい記事には新しい事実と分析が含まれており、それによって他の記事とは異なる特徴があります。

バイナンスとクーコイン、両大手仮想通貨取引所がインドの金融情報ユニット(FIU-IND)から承認を受け、国内での暗号通貨活動の信頼性に大きな変化が示されました。これは、これらの取引所が違法に運営しているとして海外法人の中に含まれ、禁止された後の出来事です。特にクーコインは既に4.1万ドルの罰金を支払い、運営を再開していますが、バイナンスはまだ罰金額を決定する過程にあり、報道によるとFIUとの審理後に200万ドルの罰金を科される可能性があります。

FIU-INDは、Vivek Aggarwalの指導の下、これらの海外法人を登録し、仮想資産サービスプロバイダーの資金洗浄法に関する議論を開始することで、暗号業界内のコンプライアンスを強化する措置を講じています。Aggarwalは、インド経済を金融犯罪から保護し、業界内での正当性と信頼性の必要性を強調しました。FIUの報道機関との関与や業界関係者との作業グループの設立は、コンプライアンス問題に取り組み、より安全な金融環境を促進する積極的なアプローチを示しています。

インドの暗号通貨に対する規制姿勢はやや不確かであり、2022年に厳しい税金が課され、取引量が国際取引所に移行する動きが見られました。しかし、海外法人の禁止により、地元プラットフォームに戻る動きがあり、国内暗号業界の回復力を示しています。インドは2023年のG20議長国の優先事項として、暗号政策における国際的な合意を目指しており、国内法の整備がないまま国際的なガイドラインを提唱していることに対する批判を受けています。報告書「Virtual Digital Asset Service Providers: Road to Effective Compliance under PMLA」の発表は、金融犯罪リスクとの戦いにおいて革新と規制措置のバランスを取ることへの取り組みを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: