Solanaネットワークパッチの低い採用率が混雑緩和に影響

By PANews – 2024/05/11 14:17:30 (JST)

Solanaネットワークの最新パッチv1.17.3は、混雑を軽減することを目的としていますが、上位のバリデーターのうちわずか4人がアップグレードしました。混雑対策を行うSolana Mainnet Beta v1.17.33の採用率は32.4%です。ネットワークのパフォーマンスに影響を与えるパッチの採用が遅れており、ネットワークの混雑対策に課題があります。CEOのMert Mumtazは、より多くのバリデーターがアップグレードする重要性を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: