暗号資産セクターで実物資産(RWAs)が大幅な成長と機関投資家の関心を見せる

By CoinDesk – 2024/05/12 10:40:06 (JST)

暗号資産(Crypto)の実物資産(RWAs)セクターは前四半期に著しい成長を遂げ、BlackRockのUSD Institutional Digital Liquidity Fund、SuperstateのT-bill fund、OndoのUSDYなどのトークン化された国債が約13億ドルに増加するなど、41%の伸びを示しました。BlackRockやSuperstateなどの主要機関がRWA市場に参入し、伝統金融と暗号ネイティブプレーヤーの間での信頼と関心の拡大を示しています。

主要機関の流入に加えて、Ondo FinanceやCentrifugeなどの既存のRWAプレーヤーが提供を拡大し、RWAsをよりアクセスしやすく、DeFiエコシステム全体と統合された取り組みを行っています。Superstate、M^0 Labs、Ondo Global Marketsなどの企業によるインフラ開発は、RWAsの速度、プログラム可能性、コンプライアンスを向上させ、セクター内での相互運用性の増加を示しています。

DeFiプロトコルもRWA収益を取り込むように適応し、MorphoやTrueFiなどのプロジェクトがDeFi空間でRWA製品にアクセスできるようにしています。主要機関の支援と新しいプリミティブの開発とともに、RWAsをDeFiにスケーラブルでユーザーフレンドリーな方法で統合しようとする取り組みは、RWAセクターに有望な未来を予感させます。業界の専門家が2030年までにトークン化された実物資産が数兆ドルに達する可能性を予測していることは、暗号通貨の将来における重要な成長見通しを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: