イーサが手数料削減のDencunアップグレード後にインフレ資産に逆戻り

By CoinDesk – 2024/05/12 20:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イーサリアムのDencunアップグレードがインフレ懸念を引き起こす:CryptoQuantレポート

この記事と類似した記事の両方が、Dencunアップグレードがイーサリアムに与える影響について論じており、具体的には取引手数料の減少とそれに続くETHの焼却量の低下により、イーサリアムが再びインフレーション資産に戻ることを取り上げています。両記事とも、ETHの供給量の増加を強調しており、この記事では4月以降に追加で40万トークンが生成されたことを明記しています。類似した記事も、この変化がイーサリアムの「超音波」通貨としての地位に与える影響について論じています。ただし、類似した記事にはこの40万トークンの具体的な数字が提供されていません。したがって、この記事には類似した記事にはない新しい事実情報が含まれています。

イーサリアムの最新のDencunアップグレードにより、イーサ(ETH)はインフレ資産に逆戻りし、2022年のMergeの主な利点の1つを無効にしました。このアップグレードは手数料を削減しネットワークの拡張性を向上させることを目的としており、プラットフォーム上の取引手数料が大幅に減少しました。しかし、これによりETHの焼却量が減少し、供給が2022年以来最も速いペースで増加しています。

2022年のMergeでは、イーサリアムがプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンに移行し、ロンドンアップグレードによりイーサをデフレーショナリー資産に変える手数料焼却メカニズムが導入されました。最近のDencunアップグレードでは、「danksharding」が導入され、ブロックストレージが改善され、レイヤー2ネットワークのコストが削減されました。Merge後の初期のデフレ傾向にもかかわらず、Dencun後の手数料減少により、4月以降に40万枚の追加トークンが生成されるなど、イーサの供給が増加しています。

Dencunの実装により、イーサの供給と需要のダイナミクスが変化し、手数料の減少がトークンの総供給量の増加につながっています。この変化により、Merge後に観察されたデフレ傾向が逆転し、ネットワークのアップグレードがイーサリアムの基本的な特性に与える影響が浮き彫りになりました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: