インドの金融情報ユニットがバイナンスとクーコインを承認、暗号通貨の信頼性の変化を示す

By CoinDesk – 2024/05/13 02:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
BinanceとKuCoinがインドの金融情報部に登録完了

新しい記事と類似した記事の両方が、インドの金融情報機関によるBinanceとKuCoinの承認について取り上げています。両方の記事で、KuCoinが支払った罰金とBinanceに課された未払い罰金が言及されています。しかし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。それは、海外法人への禁止措置に続く取引量のインド取引所への移行、2023年のG20議長国としてのインドの暗号資産政策に関するグローバルな合意の達成を優先事項とする考え、そしてFIU-INDが暗号資産業界と協力してコンプライアンスガイドラインの見直しを行う計画について述べています。したがって、中心テーマは同じですが、新しい記事はより詳細で追加情報を提供しています。

バイナンスとクーコイン、両大手仮想通貨取引所がインドの金融情報ユニット(FIU-IND)から承認を受け、国内での暗号通貨活動の信頼性に大きな変化が示されました。これは、これらの取引所がインドで違法に運営していた9以上の海外法人の中に含まれていた後の出来事です。クーコインは初めて罰金$41,000を支払い、運営を再開しました。一方、バイナンスはFIU-INDとの審理後に支払うべき罰金額をまだ決定中です。報道によると、バイナンスは$2 millionの罰金で和解する見込みであり、コンプライアンス手続きの深刻さが浮き彫りになっています。

インドには現在、マネーロンダリング防止法の下で48の登録暗号通貨法人が存在し、FIU-INDの責任者であるVivek Aggarwalによると、国の暗号通貨に対する姿勢はやや曖昧です。2022年に厳しい暗号通貨税が課され、インドのトレーダーが国内取引所から国際取引所に移行し、地元の暗号通貨産業に悪影響を与えました。しかし、海外法人の禁止後、取引量は再び国内取引所に戻っています。インドは2023年のG20議長国として、暗号通貨政策の枠組みについてのグローバルな合意を達成することを優先事項としています。ただし、国内法が整備されていない状態でグローバルなガイドラインを推進したことで批判を浴びており、2021年以来暗号通貨法案は保留されています。

FIU-INDは、仮想資産サービスプロバイダーのマネーロンダリング法に関するコンプライアンスガイドラインを見直すために暗号通貨業界と協力する予定です。FIU-INDに登録を希望する海外法人は、インドに事務所を持つ必要はありませんが、主任コンプライアンスオフィサーを任命し、必要な詳細を提供する必要があります。主な目標は、

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: