ZestがStacksを使用したオンチェーンビットコインレンディングで3.5百万ドル調達: ティム・ドレイパーが資金調達ラウンドを主導

By CoinDesk – 2024/05/13 22:10:06 (JST)

Zestは、ティム・ドレイパーやBinance Labsなどの投資家に率いられ、3.5百万ドルの資金調達に成功しました。このプロトコルは、Bitcoinレイヤー2のStacksとsBTCによるNakamotoアップグレードを活用し、Stacksメインネット上でのオンチェーンレンディング機会を提供しています。ユーザーは、sBTCを使用してZestプロトコルの残高を資金提供し、さまざまな収益を生む活動に参加できます。

StacksのsBTCアップグレードの統合は、Bitcoin DeFiにとって重要な進展と見なされており、Bitcoinネットワークに固有のレンディング体験を可能にします。Ethereumとは異なり、StacksはBitcoin L1でのDeFiプリミティブの作成を可能にし、Bitcoin DeFiにとって画期的な瞬間となっています。この進歩は、Bitcoinブロックチェーン上の分散型ファイナンス機能を強化するために設計されたプラットフォームのオリジナルデザインと一致しています。

総じて、資金調達ラウンドとStacksのテクノロジーの活用は、BitcoinベースのDeFiソリューションへの関心の高まりと、StacksなどのBitcoin L2が、ユーザーに安全かつ効率的に資産の収益を生む新たな機会を提供することでDeFiの景観を革新する可能性を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: