マラソンデジタル(MARA)、ケニアと再生可能エネルギーおよび暗号開発で協力

By CoinDesk – 2024/05/14 00:00:06 (JST)

マラソンデジタル(MARA)は、ケニアと協力して国の再生可能エネルギー資源をマイニングを通じて管理し、暗号セクターを強化するための協議を行っています。ケニアは2030年までに再生可能エネルギーを100%達成することを目指しており、地熱、風力、太陽光が主要なエネルギー源となっています。しかし、風力や太陽光の断続的な性質は、電力供給の一貫性に課題をもたらしています。

マラソンは、再生可能エネルギー源からの余剰エネルギーをビットコインのマイニング活動に活用することで、ケニアの電力管理課題に対処できると考えています。電力管理システムとして機能することで、マイナーは余剰エネルギーを消費するか、需要のピーク時に使用量を削減することで、他の顧客に断続なく電力供給を確保できます。同社のモジュラー技術は、柔軟な展開を可能にし、グリッドのバランス調整をサポートします。

ケニアでの再生可能エネルギーイニシアチブに加えて、マラソンは以前、パラグアイで100%再生可能エネルギー駆動のビットコインマイニングプロジェクトを実施しました。ケニアとの協力には、暗号資産のための規制枠組みの確立に関する議論も含まれており、暗号空間における成長と規制の取り組みを支援するために、マラソンのような業界リーダーとのパートナーシップを育成することで、ケニアは技術とイノベーションのリーダーとしての地位を確立しようとしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: