米上院議員、トルネードキャッシュなどの暗号通貨ミキサーの司法省による追及に疑問を呈す

By CoinDesk – 2024/05/14 02:40:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米下院、包括的な暗号通貨法案に関する投票を実施へ、上院の行動は不透明

新しい記事と類似した記事の両方が、米国における仮想通貨規制に関する立法措置について取り上げています。ただし、両方の記事の焦点は異なります。新しい記事では、米国上院議員ロン・ワイデンとシンシア・ラムイスが、サマライ・ウォレットやトルネード・キャッシュなどの仮想通貨ソフトウェアサービスを追及する司法省の取り組みについて懸念を表明しています。彼らは使用されるコードを書いたソフトウェア開発者を犯罪者として扱うことが、確立された法律に反すると主張し、第一修正条項の懸念を引き起こすと述べています。一方、類似した記事は、重要な仮想通貨関連法である「21世紀のための金融革新とテクノロジー法」に関する今後の下院投票に焦点を当てています。両記事ともデジタル資産に関する包括的な規則を確立するための広範な立法措置に触れていますが、新しい記事は上院議員の懸念と司法長官への書簡に関する新しい情報を提供しており、類似した記事では取り上げられていません。

米上院議員、Ron WydenとCynthia Lummisは、Samourai WalletやTornado Cashなどの暗号通貨ソフトウェアサービスを追及する司法省の姿勢に懸念を示し、使用されている法律の前例のない解釈を問いました。彼らは、他者が使用するコードを書いたソフトウェア開発者を犯罪者として扱うことは確立された法律に反すると主張し、第一修正条項に関する懸念を引き起こしています。上院議員は、財務省のFinCENが以前に非保管型の暗号通貨サービスを送金業者と見なすべきではないと述べたことを強調しました。

上院議員たちが司法長官Merrick Garland宛てに送った手紙では、非保管型暗号資産ソフトウェアの開発者を未登録の送金業者として潜在的な刑事責任の対象とすることは確立された解釈に反すると強調しました。司法省が資金移動を容易にするものはすべて「送金業者」の定義に合致すると主張した点について、上院議員たちは、サービスが資金を管理する必要があると述べ、送金業者として扱われるべきだと反論しました。この議論は、デジタル資産に関する包括的な規則を確立し、資金洗浄対策を含む法案が近く下院で採決される見通しである広範な立法努力を反映しています。

米議会がデジタル資産の立法に取り組む一方で、司法省が暗号ソフトウェアサービスを追及する姿勢について懸念が続いています。上院議員たちの手紙は、暗号通貨取引やソフトウェア開発に関連する法律の解釈における明確さと一貫性の必要性を強調しています。連邦当局が暗号規制の変化する風景を航行する中、非保管型暗号サービスの取り扱いや開発者の責任に関する議論は、業界の法的枠組みに関する議論の中心的な焦点となっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: