東京上場のメタプラネット、日本の財政危機に対応しビットコイン(BTC)を戦略的準備資産として採用

By CoinDesk – 2024/05/14 08:00:05 (JST)

日本の総債務対国内総生産(GDP)比率は254%を超え、先進国の中で最も高く、日本銀行(BOJ)の利上げ能力に影響を与えています。米国の債務対GDP比率は123%を超えており、連邦準備制度は5%を超える金利を引き上げていますが、日本の基準となる借入金利はほぼゼロです。2021年初頭以来、円は米ドルに対して50%下落し、BOJは通貨を支援するために介入しています。

Metaplanetは、円の下落に対する非主権的な価値保管手段としてビットコインを見ており、伝統的な法定通貨に対して評価される可能性があります。同社はビットコインを長期保有し、課税される利益を最小限に抑えることを計画しており、機会が訪れた際には長期の円負債を発行してさらに取得する予定です。この戦略的な動きは、日本の財政危機への懸念と、低金利と外国為替市場への介入によって生じた持続不可能な金融パラドックスを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: