ビットコイン(BTC)のマイニング難度がCrypto Winter以来の最大の低下を記録:バーンスタイン

By CoinDesk – 2024/05/14 10:00:06 (JST)

先週、Bitcoin(BTC)のマイニング難度が6%の大幅な低下を経験し、2022年12月のCrypto Winter以来の最大の減少となりました。この低下は、ビットコイン価格の低下とハーフィング後のコスト増加により、高コストのマイニング機器がシャットダウンされ、ハッシュレートが低下したため、一部のマイナーにとって好ましい展開と見なされています。その結果、トップのビットコインマイナーの市場シェアはほぼ20ベーシスポイント増加しました。

ハッシュレートは、プルーフ・オブ・ワーク・ブロックチェーンでのマイニングとトランザクション処理に使用される総合的な計算能力を表しており、このマイニング難度の低下によって影響を受けています。Riot Platforms(RIOT)やCleanSpark(CLSK)などの主要なビットコインマイナーは、生産コストが最も低く、財務状況が強固であることが強調されています。レポートによると、ビットコイン価格の一時停止は、低コストのマイナーにとって有益であり、市場シェア拡大に集中するための積極的な資本支出や合併・買収を実施できると述べています。

証券会社のレポートでは、ビットコイン価格の大幅な下落は予想されておらず、仮想通貨が範囲内にとどまり、スポット取引所上場ファンド(ETF)が登録投資顧問やウェルスプラットフォーム、他の機関投資家から割り当てを受けるまで、上昇局面に転じると予想されています。Bernsteinは、CleanSparkとRiot Platformsに対してアウトパフォームの評価を、Marathon Digital(MARA)に対してはマーケットパフォームの評価を付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: