米国、核基地近くの中国系暗号通貨マイナーを「国家安全保障リスク」としてブロック

By CoinDesk – 2024/05/14 16:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
バイデン、米国ミサイル基地近くの暗号鉱業会社に中国投資家の過半所有権禁止

新しい記事と類似した記事の両方が、バイデン大統領がワイオミング州のウォーレン空軍基地近くの仮想通貨マイニング施設での運用停止を命じた同じ出来事について取り上げています。両方の記事は、その施設が中国系の企業によって所有されており、適切な手続きが行われなかったことを指摘しています。新しい記事は、企業名であるMineOneや、企業が2022年に土地を取得した際に米国外国投資委員会(CFIUS)に通知せず、調査が開始されたという事実など、追加の詳細を提供しています。しかし、これらの詳細は出来事の全体的な物語を大きく変えるものではなく、類似した記事で取り上げられていない新しい事実を導入しているわけではありません。したがって、新しい記事は類似した記事の複製と見なすことができます。

バイデン大統領は、ワイオミング州のウォーレン空軍基地近くにある暗号通貨マイニング施設に対し、国家安全保障上の懸念から運用停止を命じました。この施設は、中国系の大部分を所有する英領ヴァージン諸島企業が所有しており、ミニットマンIII核ミサイルを収容する軍事基地の近くで運用を開始する前に適切な手続きを取らなかったと非難されました。ホワイトハウスの命令により、同社はチェイエンヌの基地から1マイル以内の敷地からすべての機器と改良を撤去するよう求められています。

ホワイトハウスが発行した命令は、暗号通貨マイニング運用に使用される敷地に特殊機器が存在し、そのうちいくつかが重大な国家安全保障上の懸念を引き起こしていることを強調しました。同社が2022年に土地を取得する際、米国外国投資委員会(CFIUS)に通告せずに行ったことが調査を引き起こし、執行措置につながりました。米司法長官は、命令の遵守を確保するために必要な措置を講じる権限を与えられ、CFIUSが国家安全保障を守る上で果たす役割が強調されました。

財務長官ジャネット・イエレンは、CFIUSの重要性を強調し、特に機密性の高い軍事施設や特殊技術に関わる取引を含む、国家安全保障を危うくする可能性のある外国投資を防ぐ必要性を指摘しました。軍事基地近くの暗号通貨マイニング施設での運用停止措置は、CFIUSが外国投資によるリスクから国家を守る上で果たす重要な役割を浮き彫りにしています。同社であるMineOneは、執行措置後のコメント要請にまだ応じていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: