Bitcoin(BTC)オプション価格が、米国CPI報告後の限定的なボラティリティ期待を示唆

By CoinDesk – 2024/05/14 19:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン価格(BTC)は今週の米国インフレデータと経済レポートに基づいて変動する可能性があります

新しい記事と類似した記事の両方が、今後の米国インフレ報告書がビットコインのボラティリティに与える潜在的な影響について議論しています。両方とも連邦準備制度の金利決定と消費者物価指数(CPI)データの役割に言及しています。ただし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。それによると、市場はイベントに対してわずかなプレミアムを価格設定しており、CPI発表後の価格変動が2%未満である可能性を示唆しています。また、これをS&P 500オプションと対比し、同じイベントに対してより高いボラティリティを価格設定していることを述べています。さらに、新しい記事では、CPIデータがビットコインの価格に与える潜在的な影響について異なるアナリストの予測が提供されており、CPIの発表が軟調な場合、一部が65000ドルを超える上昇を予測しています。これらの詳細は類似した記事には含まれておらず、新しい記事には新しい事実と分析が含まれていることを示しています。

米国のインフレ報告は、利下げの期待が揺らいでいる投資家にとって重要だ。しかし、Bitcoinオプションの価格設定からは、報告後の大幅なボラティリティは予想されていないようだ。市場は、CPI発表後の価格変動が2%未満に抑えられる可能性を示唆している。一方、S&P 500オプションは同じイベントに対してより高いボラティリティを価格設定している。

米労働省は、前月と比較して生活費がわずかに抑制されると予想される消費者物価指数(CPI)データを公表する予定だ。オプションは価格変動から保護を提供し、コールオプションは上昇に対する保護、プットオプションは下落に対する保護を提供する。一部はCPI後のボラティリティ増加を予想しているが、歴史的なボラティリティは低いままであり、大幅な価格変動への期待は抑えられている。

アナリストの予測は分かれており、CPIの結果が軟調な場合、利下げの確率が上昇する可能性があると見る者もいれば、Bitcoinを$65,000を超えさせる可能性を見込む者もいる。しかし、インフレは政策決定に影響を与える要因の1つに過ぎないと強調し、慎重な見方をする者もいる。見通しでは、経済成長トレンドや雇用動向に依存して、後半にはインフレ圧力が緩和されると予想されている。Fedは夏季に警戒態勢を維持し、経済指標が期待に沿う場合、年内に利下げを検討する見通しだ。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: