ウィスコンシン投資委員会、BlackRockのビットコインETFに約$100Mの投資を公表

By Blockworks – 2024/05/14 23:55:01 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ウィスコンシン州、ブラックロックのビットコインETFに1億ドル近く投資

新しい記事と類似した記事の両方が、ウィスコンシン投資委員会がブラックロックのビットコインETFを購入したことについて取り上げています。両方の記事は、投資額(9900万ドル)と委員会がグレースケールのビットコイン信託も保有している事実を言及しています。類似した記事では、この投資がビットコインの価値や機関投資家によるビットコインETFの普及傾向に与える影響についても議論されています。しかし、新しい記事では、BNYメロン、BNPパリバ、Quattro Advisorsなどの他の金融機関がビットコインETFに保有する情報、およびWolverine Asset ManagementがフィデリティのビットコインETFを所有していることについての追加情報が提供されています。他の機関がビットコインETFに投資している情報は、類似した記事には含まれていません。

ウィスコンシン州投資委員会は、最近の証券取引委員会への13F提出書類で明らかになったように、BlackRockのビットコインETFに$99 million相当の株式を購入し、保有を公表しました。委員会は、ウィスコンシン退職年金制度や州投資基金などを運用する投資機関であり、尊敬されるリターンを生み出してきました。

他の金融機関、例えばBNYメロンやBNPパリバなども、ウィスコンシンの大規模な投資に比べると少ない量ではありますが、ビットコインETFの保有を公表しています。例えば、パリバは約1,000株を開示し、BNYメロンはIBITの20,000株とGrayscaleの7,000株を保有しています。一方、ピッツバーグに拠点を置く投資マネージャーであるQuattro Advisorsは、IBITの大規模な468,000株を開示しています。

さらに、Wolverine Asset Managementは、FidelityのビットコインETFの874,000株を保有していることを報告し、これはこれまでに開示された中で最大のFidelityポジションとなります。投資マネージャーは5月中旬までに13F提出書類を提出する必要があり、ビットコインETFへの機関投資家の関心や、異なる金融機関間での投資レベルの違いを明らかにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: