Colony Lab、Avalancheエコシステムの早期投資家向けに「リキッドベスティング」機能を導入

By CoinDesk – 2024/05/15 00:30:09 (JST)

Avalancheブロックチェーンエコシステムの開発者であるColony Labは、「リキッドベスティング」という新機能を導入しました。この機能により、早期投資家はベスティング期間終了前にトークンを取引することができます。この機能は、プロジェクトやセカンダリマーケットに影響を与えることなく流動性を提供し、新規購入者が長期ポジションを確立できるようにします。これは、暗号空間におけるトークンベスティングへのユニークなアプローチを提供しています。

リキッドベスティング機能は、Colonyの分散型資金調達プラットフォームのローンチと同時に発表されました。この動きは、ColonyがAvalancheブロックチェーンエコシステムに1,000万ドル以上を投資し、バリデータプログラム向けに500,000 AVAXトークン以上を購入した後に行われました。チームはベスティング契約をトークン化し、ロックされたトークンに一致する新しいトークンを発行して、分散型取引所で取引可能にしました。

Colony Labのリキッドベスティング機能は、早期投資家に柔軟性を提供しながらプロジェクトの安定性を維持する革新的なアプローチを示しています。ベスティング契約をトークン化し、分散型取引所で取引を可能にすることで、Colonyは暗号空間におけるトークンベスティングの伝統的な課題に対する解決策を提供することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: