ブロックチェーン上のステーブルコイン取引におけるボットの役割を理解する

By Blockworks – 2024/05/15 02:50:32 (JST)

最近のBloombergの見出しは、ステーブルコイン取引の信頼性について懸念を引き起こし、90%以上が実際のユーザーからではないと述べました。これにより、ブロックチェーンエコシステム内の取引の正当性について議論が巻き起こされました。しかし、より詳しく見ると、非ユーザー取引の高い割合は必ずしも不正活動を示すものではなく、むしろ、ボットとして知られる自動プロセスがブロックチェーン上の取引を促進する役割を強調しています。これらのボットは、手数料の最適化や金融取引の自動化など、さまざまな機能を実行することで、効率的で安全な取引を確保する重要な役割を果たしています。

ブロックチェーン技術は、信頼された仲介者を必要とせずにスマートコントラクトを介して取引が実行される分散型かつ変更不可能な台帳システム上で運用されています。ボットはこれらのスマートコントラクトとやり取りし、ユーザーが設定した事前条件に基づいて取引を開始します。ボットによるステーブルコイン取引の例には、ガス支払いサービス、定期支払い、トークン化された債券のクーポン支払い、意図に基づく取引、ロールアップなどのスケーリングソリューションの活用が含まれます。ステーブルコインフローでのボットによる取引の支配は、ブロックチェーン技術の特徴と見なされ、金融取引の自動化とユーザーエクスペリエンスの向上を示しています。

「実際の」取引の妨げとしてボットを見るのではなく、ボットによるステーブルコイン取引の支配は、ブロックチェーンを自動化された金融取引の堅牢なインフラストラクチャに成熟させたことを示しています。ブロックチェーン上での自動化を受け入れることは、効率性を向上させるだけでなく、さまざまな産業での革新を促進します。ブロックチェーンベースの支払いの風景が進化し続ける中、ブロックチェーンの自律コード実行モデルと、従来の金融の直接的な人間のやり取りアプローチとは大きく異なる「実際の」取引の定義を再定義することが

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: