米国選挙と規制環境における暗号通貨業界の成長する影響

By CoinDesk – 2024/05/15 03:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
今年の選挙での暗号通貨は問題に: 政治的議論と影響を形作る
英国の選挙不確実性の中での暗号通貨規制の進展

新しい記事は、米国の選挙における暗号通貨業界の関与に焦点を当て、業界が暗号通貨に好意的な候補者を支援し、規制フレームワークに影響を与える取り組みについて論じています。Fairshakeなどの政治行動委員会の役割や業界の財政支援が選挙結果に与える影響に言及しています。記事はまた、州レベルの政治に焦点を当て、プロ暗号通貨の規制を推進するための業界の取り組みを、大麻業界と類比しながら強調しています。同様の記事は、選挙における暗号通貨業界の影響について論じていますが、異なる側面に焦点を当てています。最初の類似記事は、オンライン調査により有権者の暗号通貨に対する見解や主要な争点州への暗号通貨の影響が明らかになります。また、政治圏における影響の信頼性について懸念が示されています。2番目の類似記事は、英国が選挙不確実性の中で暗号通貨セクターを規制する進展について論じています。記事は、保守党が英国を暗号通貨の中心地と位置付ける取り組みや選挙結果が暗号通貨規制に与える潜在的影響に焦点を当てています。政治における暗号通貨の影響の一般的なテーマには重なりがありますが、新しい記事は類似記事で取り上げられていない具体的な詳細と異なる視点を提供しています。したがって、新しい記事は類似記事とは重複していないのです。

暗号業界は、暗号に有利な候補者を支援し、規制の枠組みに影響を与えるため、米国の選挙に積極的に関与している。Fairshakeのような政治活動委員会は、さまざまな暗号事業体から約8500万ドルという多額の資金を集め、自分たちの利益に沿った候補者を支援している。この資金援助は、暗号に批判的なケイティ・ポーター下院議員を敗北させるなど、選挙結果の形成に影響力があることが証明されている。この業界の経済力は、懐疑的な人々にも暗号に対するスタンスの再考を促し、シェロッド・ブラウン上院議員のように、潤沢な資金を持つ業界団体からの反対を避けるため、暗号通貨法案に対してよりオープンなアプローチを示す者もいる。

業界の関与は議会選挙にとどまらず、暗号を保有する有権者がドナルド・トランプ氏を好む傾向にある米国大統領選挙にまで及んでいる。しかし、暗号業界に対するトランプ氏のスタンスが変化していることから、トランプ氏が大統領になる可能性が暗号に与える影響は不透明なままだ。明確な規制構造を提唱したビベック・ラマスワミ氏のような候補者とは対照的に、トランプ氏の暗号に対する立場は変化しつつあるが、依然として暗号に優しくない。業界は、選挙結果と暗号規制への潜在的な影響を注意深く監視し、デジタル資産の規制状況を形成する政治的リーダーシップの重要性を認識している。

議会で暗号関連法案を可決するための努力は、議員を教育し、暗号に友好的な政策への支持を集めるという課題に直面している。業界関係者は、大麻産業が成功したアドボカシーと類似点を示しながら、暗号規制を推進するために州レベルで関与することの重要性を強調している。州政治に焦点を当て、機運を高めることで、暗号業界は連邦規制を形成し、デジタル資産に有利な規制環境を作ることを目指している。この戦略的アプローチは、暗号を支援する規制の枠組みを確保するために、州レベルと連邦レベルの両方で政策に影響を与えるという業界のコミットメントを強調している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: