ブロックチェーン技術を活用して水不足に取り組む:インドにおけるアトランティスの成功

By CoinDesk – 2024/05/15 07:10:05 (JST)

気候変動による水不足問題に焦点を当てたプロジェクト、アトランティスは、ブロックチェーン技術を活用して、余剰地域から必要な地域への水の移動を促進しています。アトランティスのCEOであるIrthu Suresh氏は、テキサス州オースティンで開催されたConsensusフェスティバルで洞察を共有し、インドのチックマガロールにある50の村で、21,000キロリットル以上の水がインセンティブ付きのタスクを通じて交換された成功を強調しました。

アトランティスが実施した分散システムでは、地元のボランティアが水の収穫者になり、モバイルアプリを介してバウンティを使用してタスクをゲーム化しました。このアプローチは、改ざん防止の分散台帳にブロックチェーン技術を活用し、ピアツーピアの水ネットワークを構築することを目指しています。この取り組みの影響は、50の村をカバーする3,000人以上の参加者、150人の収穫者、およびさまざまな役割を果たす他の人々がネットワークの成功に貢献しています。

アトランティスが直面した課題には、インドの規制上の障壁、ブロックチェーン概念へのユーザー教育、およびユーザーフレンドリーなインターフェースの必要性が含まれていました。これらの障壁にもかかわらず、プロジェクトは水の交換において大きな進展を遂げ、ブロックチェーンの潜在能力を通貨取引以外の領域で強調しています。分散台帳の実用的な活用に焦点を当て、水不足や貧困といった現実世界の課題に取り組むこと

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: