Lido共同創業者、ParadigmがDeFiの戦いでEigenLayerの競合企業Symbioticを密かに支援

By CoinDesk – 2024/05/15 07:30:06 (JST)

Lidoの共同創業者は、DeFi空間における主要なリキッドステーキングプロトコルであるEigenLayerの競合企業を密かに支援しています。新しいプロジェクトであるSymbioticは、Lidoの共同創業者やLidoの主要投資家であるParadigmからの支援を受けており、ユーザーがLidoのステークされたイーサ(stETH)トークンやEigenLayerとネイティブに互換性のない他の資産を含むさまざまな資産をリステーキングできる許可なしのリステーキングプロトコルを提供することを目指しています。

Stakemindチームによって開発されたSymbioticは、分散型ネットワークがノードオペレーターを調整し、経済的セキュリティを強化する柔軟なメカニズムを提供する予定です。EigenLayerとは異なり、SymbioticはEthereumのERC-20標準に基づく幅広い資産を受け入れ、LidoのstETHトークンや他の多くの資産と互換性があります。Symbioticが潜在的なEigenLayerの競合相手として登場することは、業界内でのリステーキングへの関心の高まりを示しており、投資家や企業がこのトレンドを活用しようとしていることを反映しています。

LidoはDeFiで主要な勢力であり続けていますが、ユーザーが資産をEigenLayerに移すことで市場シェアが減少しています。Ether.FiやRenzoなどのリキッドリステーキングスタートアップは、LidoのstETHトークンに影響を与える大きな流入を見ています。Cyber FundとParadigmがSymbioticの資金提供に関与しているこ

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: