バンガード、ビットコインに好意的な元ブラックロック幹部をCEOに任命予定

By CoinDesk – 2024/05/15 07:50:06 (JST)

バンガードは、元ブラックロック幹部であるサリム・ラムジを新CEOとして任命する予定であると報じられています。ラムジは、ブラックロックのビットコイン上場ファンドの立ち上げを率いた人物で、今年初めにブラックロックを離れ、新たなリーダーシップの機会を模索することを表明しました。バンガードの反クリプト通貨姿勢にもかかわらず、ラムジのデジタル資産への関心が、同社の立場に変化が生じる可能性についての憶測を引き起こしました。

ラムジの任命により、彼がバンガードの投資家がブラックロックの投資家と同様に暗号資産にアクセスすることを提唱するかどうかについて疑問が呈されています。この予想外の選択は、バンガードがCEOを社外から採用するのは初めてとなります。ブラックロックでビットコイン信託の立ち上げを監督した経歴と、ブロックチェーン技術に対する肯定的な見解を持つラムジによるバンガード内での潜在的な変化についての期待が高まっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: