Colony LabがAvalancheエコシステムの早期投資家向けに「リキッドベスティング」機能を導入

By CoinDesk – 2024/05/15 10:40:05 (JST)

Avalancheブロックチェーンエコシステムの開発者であるColony Labは、「リキッドベスティング」という新機能を導入しました。この機能により、早期投資家はベスティング期間が終了する前にトークンを取引することができ、プロジェクトやセカンダリマーケットに影響を与えることなく流動性を提供します。この機能は、トークン価格の安定を維持し、新規購入者に長期ポジションを奨励することを目的としています。この機能の導入は、Colonyの分散型資金調達プラットフォームのリリースと同時に行われました。このプラットフォームは、これまでVCや高純資産個人など一部のグループに限られていたシードセール投資へのアクセスを民主化することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: