Subsquid、SQDトークンを複数の取引所でローンチ予定

By CoinDesk – 2024/05/15 22:50:07 (JST)

ブロックチェーンのインデックスサービスであるSubsquidは、ネイティブトークンSQDを今週金曜日に複数の暗号通貨取引所でローンチする予定です。このユーティリティトークンは、独立したノードオペレーターのネットワークをサポートし、彼らの計算能力を使ってオンチェーンデータを処理します。1月にCoinListでのパブリックトークンセールで630万ドルを調達し、これまでにBlockchangeやHypersphereなどの投資家から合計1750万ドルを調達しています。

最初はPolkadotエコシステムに焦点を当てていたSubsquidは、インデックスサービスをEthereumに拡大し、最近ではSolana向けのベータ版を導入しました。同プラットフォームは、学術研究者、アナリスト、開発者など幅広いクライアントを対象にしており、スマートコントラクト、NFT取引所、DEXなどでの活動を監視するためにツールを利用しています。共同創設者のMarcel Fohrmannによると、SQDトークンを導入する決定は、ノードオペレーターをインセンティブ付けし、ネットワーク参加を促進する必要性に基づいています。

SQDトークンのローンチは今週金曜日にほぼ確定していますが、大手取引所が木曜日に別のトークンローンチを予定しているため、来週に延期される可能性もあります。ローンチのタイミングはSubsquidにとって重要であり、ユーザーをさらに引き込み、効率的なデータインデックスサービスのためにノードオペレーターのネットワークを拡大することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: