ウィスコンシン州、ブラックロックのビットコインETFに1億ドル近く投資

By CoinDesk – 2024/05/16 01:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ウィスコンシン投資委員会、BlackRockのビットコインETFに約$100Mの投資を公表

新しい記事と類似した記事の両方が、ウィスコンシン州がBlackRockのBitcoin ETFに投資している状況を報告しており、両方とも投資額がほぼ1億ドルであることを述べています。両方の記事は、投資委員会がGrayscaleのBitcoin Trustの株も保有していることも言及しています。類似した記事は、ウィスコンシン州の投資を他の金融機関の投資と比較することで追加の文脈を提供していますが、この情報は新しい記事には含まれていません。しかし、新しい記事は現在のBitcoin価格と最近の変動に関する情報を提供しており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、記事の主題は同じですが、新しい記事は類似した記事にはない追加の独自情報を提供しています。

ウィスコンシン州は、今年の第1四半期にブラックロックのiShares Bitcoin Trust(IBIT)の約1億ドル相当を購入したことが報告書で明らかになりました。この動きにより、ウィスコンシン州はビットコインへの投資を公表した最初の州となり、約6400万ドル相当のGrayscaleのBitcoin Trust(GBTC)の株も取得しました。投資委員会であるSWIBは、ウィスコンシン退職年金制度や他の州の信託基金を含む総資産額1560億ドル以上を管理しています。

ウィスコンシン州のビットコイン購入は、新たなインフレデータに伴い、ビットコインの価格が1%上昇し、現在61,957ドルで取引されています。しかし、この仮想通貨は過去24時間で1.7%の下落を見ています。この開示は、証券取引委員会(SEC)に提出された四半期報告書で行われ、今年初めにビットコインETFが発売されて以来、他の機関投資家が同様の動きを待ち望んでいます。投資委員会の行動は、将来的により多くの機関投資をもたらす可能性があると見られています。

ブルームバーグ・インテリジェンスのシニアETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、ウィスコンシン州が迅速にビットコインへの投資に参入した重要性を指摘し、機関がこれらの機会を受け入れる速さを強調しました。機関投資家が四半期ごとの保有資産を開示する期限が迫る中、市場は、他の伝統的な金融機関が続いてビットコインETFに投資するかどうかを注視しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: