オクラホマ州知事が「ビットコイン権利」法案に署名

By CoinDesk – 2024/05/16 04:40:08 (JST)

オクラホマ州知事ケビン・スティットが「ビットコイン権利」法案に署名し、オクラホマ州民に仮想通貨の採掘、取引、自己保管の法的権利を付与しました。この法案は、共和党議員ブライアン・ヒル氏とビル・コールマン氏によって提出され、州重視のビットコイン採掘支援団体の影響を受けています。この動きにより、オクラホマ州は連邦レベルの不確かな規制環境とは対照的に、仮想通貨に対して友好的な州であることが確立されました。

この法律は、仮想通貨資産の自己保管権を保護し、追加の税金を支払うことなく取引に使用する権利を確保しています。また、住民が自宅や産業規模で仮想通貨を採掘することを許可しており、地元の騒音規制に従う限りです。オクラホマ州のこの積極的なアプローチは、仮想通貨採掘に対する潜在的な禁止を防ぎ、採掘やノード運営に従事する個人が不必要なライセンス要件や取引に関連する責任を負わないようにしています。

この法案の規定は2024年11月1日に発効し、オクラホマ州の仮想通貨愛好家や企業に明確さと保護を提供します。これらの権利と規制を確立することで、州は境界内の仮想通貨産業における革新と成長を促進し、より多くの仮想通貨企業や投資家を引き寄せることを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: