ヘッジファンドの巨人、ミレニアムとエリオット・キャピタルが重要なビットコインスポットETF保有を発表

By PANews – 2024/05/16 09:31:58 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ヘッジファンドのミレニアムとエリオットがビットコインETFの保有を公開

この記事と類似した記事を比較すると、報告されている主な事実や数字はほぼ同じです。両方の記事で、MillenniumとElliott Capitalがビットコイン現物ETFにおける著しい保有を言及しており、MillenniumはBitwise IBIT、Fidelity FBTC、Grayscale GBTCを含む約20億ドルの投資を運用しており、Elliott CapitalはBitwise IBITで約1200万ドルを保有しています。類似した記事では、Apollo Management Holdings、Aristeia Capital、Hudson Bay Capitalなどの他の企業もビットコイン現物ETFに関心を示していることが言及されています。この記事には、類似した記事で報告されていない新しい事実や数字はありません。

ヘッジファンドの巨人、ミレニアムとエリオット・キャピタルが、ビットコインスポットETFにおける重要な保有を開示しました。ミレニアムは、Bitwise IBIT、Fidelity FBTC、Grayscale GBTCを含む投資額約20億ドルを管理しています。エリオット・キャピタルはBitwise IBITで約1200万ドルを保有し、主要金融プレーヤーの間で暗号資産への関心が高まっていることを示しています。Apollo Management Holdings、Aristeia Capital、Hudson Bay Capitalなどの他の企業もビットコインスポットETFに関心を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: