暗号法、プライバシー、そして未来への楽観

By CoinDesk – 2024/05/16 09:40:06 (JST)

スイスの弁護士Fatemeh Fannizadehは、暗号通貨業界での経験を持ち、マネーロンダリングやテロ資金供与などの犯罪を防ぐための金融監視措置の効率性を疑問視しています。彼女は、現行システムが個人のプライバシーを犠牲にしており、富裕層が規制を簡単に回避できると考えています。Fannizadehは、DeFiやプライバシーテクノロジーが合法的なユーザーにより包括的なソリューションを提供し、悪質な行為者を抑止することを期待しています。

米国の規制による課題にもかかわらず、Fannizadehは暗号プロジェクトの将来に楽観的であり、それらがグローバルに運営できることを強調しています。彼女は、業界のイノベーションを促進するために、代替の管轄区域を探求する重要性を強調しています。テキサス州オースティンで開催される次回のConsensusイベントは、多様な利害関係者が議論を行い、さまざまな暗号関連の問題で合意形成を図る機会を提供します。

Fannizadehは、初めてConsensusに参加することに興奮しており、イベントの包括性や多様な参加者との交流の機会を強調しています。彼女は、さまざまなイベントやミーティングに参加することを楽しみにしており、異なる関係者を意義深い議論のために一堂に集めるプラットフォームの価値を認めています。さらに、Consensus @ Consensusのような専門のプログラムトラックの価値を指摘し、特定の重要なトピックに焦点を当てて会議体験を向上させています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: