Binanceセキュリティチームが毒入り暗号アドレスを検出するアルゴリズムを開発

By PANews – 2024/05/16 18:56:31 (JST)

Binanceのセキュリティチームが、毒入り暗号アドレスを検出するアルゴリズムを開発しました。BNBスマートチェーン上で1340万件以上、Ethereum上で168万件の悪質なアドレスを特定しています。このアルゴリズムは、疑わしい送金やタイムスタンプを分析し、HashDitのデータベースに偽造アドレスを記録することで、アドレス詐称詐欺を防ぎます。この協力により、様々なプラットフォームでセキュリティ対策が強化され、Binanceのユーザーと暗号コミュニティを詐欺行為から保護する取り組みが強調されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: