インドの市場規制当局SEBI、中央銀行のステーブルコイン禁止懸念の中で共同暗号通貨監視を提案

By CoinDesk – 2024/05/16 20:20:05 (JST)

インドの市場規制当局SEBIは、複数の機関による暗号通貨取引の監視を提案しました。SEBIの提言は、財務省の政策形成を担当する政府パネルに提出され、6月までに報告書が提出される可能性があります。この立場は、ステーブルコインを禁止することを好むインド準備銀行(RBI)の立場とは対照的であり、RBIはそれらを政策主権への脅威と見なしています。

SEBIは、証券や初期コインオファリング(ICO)に分類される暗号通貨を監督できると提案しました。一方、RBIはステーブルコインなどの法定通貨に連動する資産を規制できるとされています。さらに、インド保険規制開発機構(IRDAI)は、保険や年金関連の仮想資産を年金基金規制開発機構(PFRDA)と協力して監督する可能性があります。暗号通貨に関連する投資家の苦情の解決は、インドの消費者保護法の下で行われることが提案されています。

インドの暗号通貨政策は、進行中の国民選挙の最中に進化しており、6月4日までに結果が予定されています。国の財務省が暗号通貨に関する主要な権限を持ち、業界に重い税金を課している一方、暗号通貨に対する信頼性の変化の兆候が現れています。これには、インドがG20の議長国として暗号通貨規制に関する世界的な合意を策定し、国の金融情報機関に46を超える暗号通貨企業を登録したことが示されており、セクター内での正当性の認識の変化を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: