テレンス・クオックのTink Labs破産からHumanity Protocol立ち上げへ

By PANews – 2024/05/16 23:51:20 (JST)

Humanity ProtocolのCEOであるTerence Kwokは、$15億で評価されたユニコーン企業であるTink Labsを破産に導き、投資家の資金を1億7000万ドル使い果たした過去がある。2012年に設立されたTink Labsは、ホテルにスマートフォンを提供し、滞在中に利用することを目的としていたが、積極的な拡大政策、安価なローミング料金、ホテルの支払い不払いなどの財務上の課題に直面した。SoftBankは資金配分に懸念を表明し、プロジェクトの停止と人員削減を招き、企業は2017年8月に閉鎖された。

財務上の困難に続き、Tink Labsの従業員はオフィスを混乱させ去り、欧州部門は2020年1月に破産手続きに入った。元従業員は企業の急速な閉鎖に驚きを表し、ある人事マネージャーはKwokの利益追求に焦点を当てた。Tink Labsの破産にもかかわらず、Kwokは昨年、手のひらスキャンを利用したブロックチェーンベースの身元確認企業であるHumanity Protocolを立ち上げた。Tink LabsからHumanity Protocolへの移行は、Kwokが以前の企業が直面した課題に続いて、ブロックチェーン業界への新たな進出を示している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: