上院で可決が期待されるSECの物議を醸す規則を覆す下院決議

By CoinDesk – 2024/05/17 01:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米下院、SECの暗号通貨ポリシーを拒否、バイデンが拒否権を脅かす
米国での議会とSECの対立:暗号通貨規制

新しい記事と類似した記事は、SECのスタッフ会計基準121(SAB 121)を覆すための下院決議について取り上げており、これによって企業が暗号資産をどのように会計すべきかが明記されています。両方の記事は、決議への両党からの支持と、バイデン大統領からの潜在的な拒否権に言及しています。新しい記事は、同様の記事には記載されていないが、手続き上および政策上の懸念から Kirsten Gillibrand 上院議員が支持を表明している追加情報を提供しています。ただし、これは新事実ではなく、同じ問題に対する異なる視点です。新しい記事はまた、Blockchain Association が両党からの支持を予想しており、潜在的な大統領の拒否権の再考を求めていることを述べていますが、これは同様の記事には記載されていない意見であり、新事実ではありません。したがって、新しい記事には、同様の記事との差別化につながる新しい事実や数字は含まれていません。

下院決議によるSECのスタッフ会計指針121の撤廃を目指す動きが、関係者によると、木曜日の投票を経て上院で可決される見通しです。この決議は、適切な協議なく発行され、確立された基準から逸脱しているという手続き上および政策上の懸念を受けて、上院議員Kirsten Gillibrand氏が支持を表明しています。

SAB 121として知られるこの指針は、企業が暗号資産をどのように処理すべきかを明示し、これらの資産を自己の貸借対照表に保持するよう求めています。批評家は、このアプローチが主要な管理者が顧客のために暗号資産を保持することを妨げると主張しています。下院は、この指針を拒否する決議を可決しており、ジョー・バイデン大統領の承認を受ければ、SECが将来同様の指針を発行することを阻止します。

ホワイトハウスが拒否権を行使するという脅威にもかかわらず、この決議は下院民主党員と共和党員の両方から支持を得ています。決議の提案者は、投資家を保護し、競争力を高め、議会の規則制定プロセスを尊重するためにSAB121を撤回する必要性を強調し、上院での可決に楽観的です。Blockchain協会は、この決議に対する両党の支持を予想し、大統領の拒否権の再考を促し、暗号産業への否定的な影響を排除するよう求めています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: