アドバイザーと機関がクライアントポートフォリオでビットコインETFを多様な割り当てで活用

By Blockworks – 2024/05/17 03:01:20 (JST)

アドバイザーや機関投資家は、顧客のポートフォリオにビットコインETFを1%から10%の配分で活用しており、多くの場合、暗号株式、ETH、その他の資産へのエクスポージャーと組み合わせている。フィールダー・キャピタルやユナイテッド・キャピタル・マネジメントなど、様々な企業がビットコインETFの多額の保有を公表しており、これらのファンドで数千万ドルを運用している企業もある。アロケーションの決定は、顧客のリスク許容度やポートフォリオ全体の分散戦略などの要因に影響される。

約8億ドルの資産を運用するフィールダー・キャピタルは、顧客の大半に暗号エクスポージャーの割り当てを行っており、通常ポートフォリオの1.5%から2%の範囲となっている。同様に、ユナイテッド・キャピタル・マネジメントは、顧客のポートフォリオの最大10%をビットコインETFを含む暗号資産に割り当てている。David Warshawのようなアドバイザーは、顧客のポートフォリオにおいて、金のような伝統的な資産を暗号資産に置き換えることを検討しており、ビットコインやイーサへの配分は顧客の間で人気のある選択肢となっている。

ビットコインETFは、伝統的資産との相関性が低く、流動性があり、高いリターンが期待できるため、貴重なポートフォリオ資産とみなされている。アドバイザーは、ビットコインETFへのエクスポージャーを、コインベースやビットコインマイナーのような暗号関連銘柄への投資と組み合わせている。配分の決定は個々の顧客の好みやリスクプロファイルに合わせて行われ、一部のアドバイザーはビットコインと並んでエーテルのような異なる暗号資産への分散も検討している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: