Coinbase株、CMEがスポットビットコインの上場を検討で下落

By CoinDesk – 2024/05/17 03:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
CMEグループ、ウォール街ファンドマネージャー向けにビットコインスポット取引を導入計画

まず、この記事と類似した記事の両方が、CMEによる現物ビットコイン取引の導入の可能性について議論しています。これは重要な重なりのポイントです。ただし、この記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。Coinbase株の影響について言及し、その株価が約8%下落したことが述べられています。また、CoinDesk 20指数とビットコインの上昇、および今年のCoinbase株の急騰に関する具体的な数字も提供されています。さらに、この記事では、CMEの潜在的な動きが米国の仮想通貨取引所市場におけるCoinbaseの支配力や、ビットコイン取引の規制された市場への関心の増加に与える影響についても議論しています。また、機関投資家や小売トレーダーによる現物ビットコインETFへの投資に関する具体的な数字も提供されています。これらの詳細は類似した記事には含まれていません。

Coinbase株は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がスポットビットコイン取引の上場を検討しているとの報道により、約8%下落しました。CoinDesk 20指数は、過去24時間で主要なデジタルトークンを追跡し、0.91%上昇し、Bitcoinは0.5%上昇しました。Coinbaseの株価は、今年の暗号市場の急上昇の中で29%急伸しました。

CMEは、主要な先物取引所であり、米国の信頼できる暗号取引所であるCoinbaseの支配に挑戦する可能性があります。取引所が「システム的に重要な金融市場ユーティリティ」として指定されていることは、金融ストレス時により厳格な監督と政府の支援を意味します。CMEは既に米国最大のビットコイン先物取引所です。

トレーダーは、過去の出来事を受けて、暗号取引所への信頼に懸念を抱きながら、ビットコイン取引の規制された市場への関心を示しています。スポットビットコインETFの発売により、機関投資家から3か月で100億ドル以上を集め、小売トレーダーもこれらのファンドに400億ドル以上を投資しており、暗号資産への関心が高まっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: