米上院、SECの暗号通貨会計規則を覆す決議を可決

By PANews – 2024/05/17 08:46:25 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米上院、SECの暗号ポリシーを覆す決議を可決、バイデンの拒否権脅威を試す
米国での議会とSECの対立:暗号通貨規制

まず、この記事および類似記事の主題は、米上院がSECのSAB 121方針を覆す決定を下したことです。この方針は、暗号資産の保管会社に対し、保有資産を負債として記載することを義務付けていました。両方の類似記事もこの主要点について論じています。ただし、最初の類似記事は、議会審議法とバイデン大統領による拒否権の可能性について追加の文脈を提供しており、この記事では触れられていません。2番目の類似記事は、SEC議長ゲーリー・ゲンスラーの役割や今後の選挙の潜在的影響を含む、米国における暗号資産規制の広い文脈に焦点を当てています。このような広い文脈もこの記事には含まれていません。したがって、主題は同じでも、各記事で提供される具体的な詳細や文脈は異なります。この記事には、類似記事でカバーされていない新しい数値データや事実は提供されていません。

米上院は、暗号通貨の保管会社に資産を負債として記録することを要求するSECのSAB 121を覆すために60対38で投票しました。この決定は、資産保護を妨げる懸念に対処しています。この決定は、進化する暗号通貨規制を反映し、監督と革新をバランスよく取り入れ、デジタル資産の管理方法を再構築する可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: