機関投資家はビットコインの短期的な下降リスクに依然として懸念、CMEのオプションデータが示す

By CoinDesk – 2024/05/17 15:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)オプション価格が、米国CPI報告後の限定的なボラティリティ期待を示唆
Coinbase株、CMEがスポットビットコインの上場を検討で下落

新しい記事では、アメリカのインフレデータが長期的なブル相場を支持する一方、機関がビットコインに対する近期の下降リスクへの懸念を取り上げています。また、CMEでのオプション取引データの分析、短期のオプションでの外れ値プットオプションの暗黙のボラティリティの上昇、および長期のオプションでの楽観的な傾向についても言及しています。一方、類似した記事は異なる側面に焦点を当てています。最初の類似記事は、米国CPI報告後の限定的なボラティリティ期待について述べており、2番目の類似記事は、CMEがスポットビットコインの上場を検討していることによるCoinbase株価の下落について議論しています。すべての記事がビットコインとその市場動向について議論していますが、新しい記事が提供する焦点や詳細は類似記事とは異なります。新しい記事では、投資家の現在のセンチメントやアメリカのインフレデータがビットコイン市場に与える影響について具体的な情報を提供しており、これは類似記事では取り上げられていません。

機関投資家は、最近の米国インフレデータが長期的な上昇見通しを支持する一方で、ビットコインの短期的な下降リスクに依然として懸念を抱いています。CMEのオプション取引データの分析によると、米国CPI発表後、短期のオプションでの実効ボラティリティがコールオプションを上回り、即時の価格急騰の可能性は限られていることが示されています。これは、投資家が短期の下降リスクに慎重であり、保護的なプットオプションにプレミアムを支払う用意があることを示しています。

価格下落から保護するプットオプションは、価格上昇から保護するコールオプションに比べて、高い実効ボラティリティを示しており、潜在的な価格弱さへのヘッジを求める投資家の弱気なセンチメントを示しています。一方、スポット市場価格を上回るコールオプションは、オプション外と見なされ、価格急騰から保護を提供します。ビットコインオプションのボラティリティサーフェスは、長期のオプションでの楽観的な傾向を示し、投資家が市場での上昇動きに備えてコールオプションを好むことを示しています。

データはまた、長期のオプションでの実効ボラティリティレベルの比較的平坦な傾向から、市場における機関投資家の参加が増加していることを示しています。この傾向は、機関投資家の市場に対するより微妙な見方を示し、より安定した市場センチメントをもたらしています。主要な仮想通貨取引所であるDeribitのオプション取引でも同様の上昇センチメントが見られ、ビットコインオプション契約の大きなオープンインタレストがあります。CoinDeskのデータに基づくと、ビットコインの現在の価格は$65,550で、週間で6.6%の上昇を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: