香港、中国、香港住民向けのE-CNYウォレットを使用したクロスボーダーデジタル元試験を拡大

By CoinDesk – 2024/05/17 21:20:10 (JST)

HKMAのEddie Yue CEOは、ユーザーが本土の銀行口座を必要とせずに、小売業者に直接支払いを行えると述べました。HKMAは、名前確認などの機能を追加し、支払いや企業利用事例(例:クロスボーダー取引決済)の相互運用性を向上させるなど、e-CNYアプリケーションのさらなる開発にPBOCと協力する計画です。中国と香港は、2021年12月にクロスボーダーデジタル元の第一フェーズを完了し、初期の議論から1年後に第二フェーズに進んでいます。

デジタル元の試験に加えて、香港は独自の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるe-HKDのテストを行っており、そのパイロットの第二フェーズに入っています。HKMAとPBOCの協力は、地域内でのデジタル通貨の採用と機能性の向上を目指し、クロスボーダー取引を促進し、企業や取引決済の潜在的な利用事例を探求しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: