トルコ、議会に暗号資産規制案を提出

By CoinDesk – 2024/05/17 21:50:05 (JST)

トルコは、議会に暗号資産を規制する法案を提出し、取引に関与する当事者のリスクを軽減することを目指しています。与党議長アブドゥラー・ギュレルによって提案されたこの法案は、暗号サービスプロバイダーに関する規制を明確にし、資本市場監督局(CMB)による監督を強化します。

提案された法律の下、CMBによって暗号企業のためのライセンス制度が設立され、規制監督の対象となり、顧客保護のための検査が拡大されます。法案は課税について触れていませんが、CMBとTÜBİTAKは暗号サービスプロバイダーからの収益の1%を受け取り、科学技術とイノベーション政策を支援します。

この法案には、現地起源のない暗号仲介業者を禁止する規定も含まれており、トルコの暗号資産に関する国際基準への遵守を強化し、より安全な暗号エコシステムを確保することを目指しています。FATFのグレーリストからの脱却に向けた政府の取り組みが強調されており、4月から5月にかけての査察を通じて、国をリストから削除する可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: