ヘッジファンド、Point72やFortress InvestmentがビットコインETFに投資

By CoinDesk – 2024/05/18 05:10:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ヘッジファンドのミレニアムとエリオットがビットコインETFの保有を公開

新しい記事と類似した記事の両方が、ヘッジファンドがビットコインETFに投資していることについて取り上げています。両方の記事で、Point72、Elliott Capital、Millennium Managementの関与が言及されています。新しい記事では、Point72がFidelity Wise Origin Bitcoin Fundに投資した具体的な数字が提供されていますが、類似した記事では言及されていません。一方、類似した記事では、Millennium ManagementやElliott Capitalの投資に関するより詳細な情報が提供されており、BlackRockのiShares Bitcoin Trustや他のETFへの保有も含まれています。両方の記事は、ビットコインETFへの機関投資の広いトレンドについても議論しています。したがって、提供される具体的な詳細にはいくつかの違いがありますが、記事の全体的な内容とメッセージは非常に似ています。

Steven CohenのPoint72ヘッジファンドは、第1四半期末時点で$34億の価値を持ち、Fidelity Wise Origin Bitcoin Fundの$77.5百万を保有していた。Elliott CapitalやMillennium Managementなど他のヘッジファンドもビットコインETFに投資し、後者は3月31日時点で約$20億を保有し、新しいファンドの最大の機関投資家となっている。

Riverのデータによると、上位25の米国ヘッジファンドのうち13社が第1四半期にこれらのETFに投資しており、その中にはFortress Investment GroupやSchonfeld Strategic Advisorsも含まれている。これらの購入を価格上昇への長期的な賭けと見る向きもあれば、市場メイキング、ヘッジ、収益発生、短期取引などの目的で取得する可能性もある。

ヘッジファンドがスポットETF市場に参入する傾向は、機関投資家の間で暗号資産への関心が高まっており、従来の金融機関内でデジタル通貨の主流採用に向けた潜在的な転換を示している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: