ブロックチェーンエコシステムにおけるLayer-3の台頭

By Blockworks – 2024/05/18 23:00:00 (JST)

Layer-3は、ブロックチェーンエコシステムにおいて重要な要素として台頭し、開発者により大きな柔軟性と成長の機会を提供しています。初期には複雑さや相互運用性への懸念から懐疑的に受け止められましたが、新しいチェーンへの参入障壁を下げ、ユーザーのオンボーディングコストを最小限のセキュリティリスクで削減すると見なされています。データ可用性コストの低下と固定経費の削減により、Layer-3の運用はLayer-2と比較して格段にコスト効率が向上しています。

Layer-3の台頭を促進する主要な特徴には、カスタムガストークンと代替データ可用性(alt-DA)があります。カスタムガストークンは、Layer-3のネイティブガストークンとしてLayer-2トークンを使用することを可能にし、コミュニティ開発を促進し、ゲームエコシステムチェーンやトークン補助金などの新しいユースケースを実現します。Alt-DAは、開発者がデータ可用性レイヤーを選択し、トランザクションコストを削減しつつセキュリティリスクを最小限に抑えることができます。これらの特徴の組み合わせにより、Layer-3はLayer-2テックスタックの最も安価な展開を実現し、低経費を求める開発者を引き付けています。

開発者は、Layer-2またはLayer-3ソリューションを展開するためのさまざまな選択肢を持つようになりました。Layer-2が最も確立された方法である一方、Layer-3は新しいチェーンを立ち上げるための超低コストオプションを提供しています。カスタムガストークンやAlt-DAなどの機能は、Layer-3の成長と採用に不可欠であり、Web3空間における革新とスケーラビリティを推進しています。Layer-3への需要が高まる中、これらのチェーンはカスタムガストークンとAlt-DAを備えて立ち上げられる見込みであり、ブロックチェーンエコシステムにおけるその地位を一層確立することになります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: