イーサリアムの複雑さ:上昇する手数料とユーザーの課題

By Blockworks – 2024/05/21 05:06:50 (JST)

イーサリアムの利用の課題は、ブロックチェーンの進化とともにエスカレートし、ユーザーにとって複雑さと高いコストをもたらしています。ウォレットやアドレスなどの基本的な暗号通貨の概念を超えて、ユーザーは今やイーサリアムエコシステム内のさまざまなチェーンやブリッジをナビゲートするという追加の障壁に直面しています。この多層システムは、相互運用性とセキュリティに関する懸念を引き起こし、取引に関連する複雑さと手数料の増加により、多くのユーザーを端に追いやっています。

これまでのイーサリアムの成長と採用により、レイヤー1の手数料が急増し、平均取引コストが0.94ドルに達し、スマートコントラクトのやり取りが約4.70ドルかかっています。ArbitrumやOptimismなどのレイヤー2のソリューションは手数料が低いものの、これらの選択肢の豊富さが異なるチェーン間での断片化をもたらし、主流のユーザーが金融アプリケーションをシームレスに利用することが難しくなっています。ネットワークを保護し、バリデータをインセンティブ付けるための手数料の必要性はジレンマを引き起こし、手数料を削減することがネットワークのセキュリティと完全性を損なう可能性があります。

イーサリアムは、フィンテックの砂場から洗練されたブロックチェーンプラットフォームへの道のりは、2022年のステークモデルへの移行を含む重要なマイルストーンで印象づけられてきました。しかし、レイヤー3のプロジェクトの出現と継続的な手数料のジレンマは、イーサリアムエコシステムが

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: