Craig WrightがCOPA Satoshi Nakamoto事件で「広範囲かつ繰り返し」嘘をついた

By CoinDesk – 2024/05/21 07:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
クレイグ・ライト、画期的な裁判でサトシ・ナカモトとして否定される

新しい記事と類似した記事の両方が同じ主題について議論しています:COPAサトシ・ナカモト事件におけるクレイグ・ライトへの裁判所の判決。両方の記事は、ライトが広範囲かつ繰り返しに嘘をついており、ビットコインの創設者でもなく、その白書の著者でもないことが判明したことを強調しています。両方の記事は、ジャック・ドーシーやコインベースなどの人物がCOPAを支援していることも言及しています。しかし、新しい記事は、類似した記事にはない追加の詳細を提供しており、それは、ライトの資産の600万ポンドに凍結命令が出されたこと、COPAにとってのこの事件の総費用が670万ポンドであること、そしてライトがノルウェーなど他の管轄区での法的紛争についても触れています。これらの新しい事実により、新しい記事は類似した記事とは異なるものとなっています。

Craig WrightはCOPA Satoshi Nakamoto事件で「広範囲かつ繰り返し」嘘をついたとされ、James Mellor裁判官はWrightがBitcoinの創設者でもなく、白書の著者でもないと述べました。差止請求の問題は、判決後に指定されるForm of Order聴聞会でさらに議論される予定です。WrightのNakamotoであるという主張は否定され、彼に対する差止命令や偽証の検討が行われています。

2021年にCrypto Open Patent Alliance(COPA)によって起こされた裁判では、Wrightは偽造と偽証の罪で告発されました。Mellorの判決は、Wrightが自身の主張を支持するために偽造文書を提示する際の欺瞞を浮き彫りにしました。Jack DorseyやCoinbaseなどの支持者に支えられたCOPAは、WrightがNakamotoであると虚偽の主張をすることを防ぎ、Bitcoin開発者に対する法的措置を取ることを目指しています。Wrightの行動は、裁判所の手続きの乱用と見なされました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: