deBridgeプロトコル、総供給10億トークンのガバナンストークンDBRを発表

By PANews – 2024/05/21 20:20:37 (JST)

deBridgeプロトコルは、Solanaブロックチェーン上で総供給10億トークンのガバナンストークンDBRを導入しました。トークンの分配計画には、コミュニティイニシアチブ向け20%、エコシステムサポート向け26%、コアコントリビューター向け20%、戦略的パートナー向け17%が含まれます。DBR保有者は、DAOガバナンス投票やプロトコルパラメーターおよびプロジェクトの資金を管理するためにトークンをステークできます。DBRの導入は、20万人以上のユーザーにポイントを割り当てるリワードプログラムに続き、JupiterのLFGプラットフォームでのDBR流動性プールの立ち上げに先立ちます。

deBridgeは、DAOを通じてガバナンス権力を分散化し、トークン保有者が意思決定プロセスに参加できるようにしています。DAOは、プロトコルパラメーター、バリデーター選挙、スマートコントラクトの展開を監督します。プロジェクトの資金とエコシステムリザーブもDAOによって管理され、責任は徐々に増加する予定です。DBRトークンの導入は、既存ユーザーへのポイント割り当てに続き、JupiterのLFGプラットフォームでのDBR流動性プールの立ち上げに先立ちます。

deBridgeによるDBRトークンの導入は、プロトコル内でのコミュニティ主導のガバナンスと意思決定プロセスへの移行を示しています。総供給10億トークンを持つDBR保有者は、DAOでの投票権を得るためにトークンをステークし、主要なプロトコルパラメーターやプロジェクトの開発に影響を与えることができます。JupiterのLFGプラットフォームでのDBR流動性プールの立ち上げに関する投票は、コミュニティがdeBridgeの将来の方向性や取り組みを形作る上でさらに関与することになります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: