Obol Networkが「持続可能な」Ethereum開発を資金提供

By Blockworks – 2024/05/21 22:00:21 (JST)

Oisin KyneとCollin Myersによって設立されたObol Networkは、資本を持たない個人にとってEthereumのコンセンサス参加をよりアクセスしやすくすることを目指しています。彼らは、ケニアの村人がStarlinkと発電機を使ってEtherFiを介して参加するなど、ネットワークのバリデーターが10倍に増加する未来を想像しています。Obolは、Lidoのようなプロジェクトを分散化し、スクワッドステーキングなどの新しいステーキングパラダイムを導入する技術を開発してきました。

Ethereumのコンセンサス層で分散型プロジェクトを支援するために、Obolは「1% For Decentralisation」資金モデルを導入しました。このイニシアチブは、GitCoinが先駆けとなったRetroactive Public Goods Fundingシステムと調和し、ネットワークのバリデーターインフラストラクチャとコンセンサスの整合性を向上させることに焦点を当てています。ミドルウェアは、MEV Boostなどの追加のユースケースを有効にする上で重要な役割を果たしており、小規模および大規模なオペレーター間の競争を均等にすることができます。

Ethereumの複雑さや中央集権化の影響に対する批判がある中、Obolの創設者たちは、ネットワークが分散化と革新に向けて重要な進展を遂げていると考えています。彼らは、モジュラーデザイン、オープンソース開発、および多様な資金源の重要性を強調し、Ethereumのエコシステムを前進させるためのコミュニティの取り組みを示しています。Lidoは、Obolの資金提供アプローチを支持し、プロトコルの強靭さと分散化を強化する手段として位置付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: