SECのスポットイーサーETF承認と暗号市場への影響

By Blockworks – 2024/05/22 04:18:54 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
スポットイーサーETF決定週:SECの潜在的な変化が楽観を呼び起こす
SECの予想されるスポットイーサETF否認が市場センチメントに与える影響

新しい記事では、SECがスポットイーサETFの承認を検討しており、承認の可能性が高まっていること、およびこの決定が暗号市場に与える影響について述べています。また、Fidelity Investments、Ark Invest、および21Sharesがステーキング言語を削除するために提出書類を修正したことも言及しています。最初の類似記事もSECがスポットイーサETFの承認を検討しており、承認の可能性が高まっていること、およびこの決定の影響について述べています。ただし、特定の企業が提出書類を修正したことについては言及していません。2番目の類似記事では、SECの決定が市場センチメントやイーサの価格に与える潜在的影響について述べられており、新しい記事では取り上げられていない内容です。したがって、重複するテーマがあるものの、新しい記事は類似記事で取り上げられていない新しい情報を提供しています。

SECは近くスポットイーサーETFの承認について判断する見込みであり、修正された提出書類によると、発行者は保有するETHをステークしないことを示しており、これは以前にSECが反対すると予測されていた機能です。アナリストはSECの承認率を25%から75%に引き上げ、最近の政治的な動きが暗号関連の問題に対するSECの姿勢に影響を与えている可能性があります。スポットイーサリアムETFレースに参加している様々な企業が、SECの決定を見越してステーキング関連の言語を削除するなど、提出書類を調整しています。

Fidelity Investments、Ark Invest、21Sharesはすべて、ファンドのETHをステークすることから離れることを示すために提出書類を修正しました。NYSE ArcaはGrayscaleのEthereum Mini Trustを代表して提出し、信託のいかなる部分もステーキングや追加収入の獲得に使用されないことを述べています。SECがスポットイーサーETFを承認すれば、これはETHをセキュリティまたはコモディティとして分類することについての歴史的なためらいを示す重要な政策

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: