トランプ陣営、資金調達のために暗号通貨寄付を受け入れ

By Blockworks – 2024/05/22 05:23:25 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
トランプキャンペーン、ビットコインとイーサ寄付を受け入れ

新しい記事と類似した記事の両方が、トランプキャンペーンがビットコインやイーサリアムを含む暗号通貨の寄付を受け入れるという決定を報じています。両方の記事は、キャンペーンが「暗号軍団」を構築することを目指し、暗号通貨の選挙での重要性を強調しています。新しい記事では、Coinbase WalletやMetaMaskなどのプラットフォームを使用して寄付を行うことが言及されていますが、類似した記事では言及されていません。ただし、この詳細は全体的な物語を大きく変えるものではなく、新しい事実を導入するものでもありません。したがって、新しい記事の内容は、類似した記事とほぼ同じと見なすことができます。

トランプ前大統領の選挙キャンペーンウェブサイトが、ビットコイン、イーサリアムなどを含む暗号通貨寄付を受け付けるようになりました。ユーザーはCoinbase WalletやMetaMaskなどのプラットフォームを通じて、トランプ陣営と共和党全国委員会の共同資金調達委員会に法定通貨または暗号通貨を寄付することができます。この動きは、トランプ氏がアメリカの自由と革新を支持することの証と見なされ、彼を初めての主要政党大統領候補として暗号通貨寄付を受け入れる人物としています。

トランプ氏が暗号通貨寄付を許可したのは、今月初めに行った演説の後であり、暗号通貨を現在の大統領選挙で重要な政治問題として強調しました。キャンペーンは、支持者が選挙前に暗号通貨を寄付することを奨励することで、「暗号通貨軍団を築く」ことを目指しています。この動きは、他の候補者もビットコイン寄付を受け入れ始めた傾向に続くものであり、2016年にランド・ポール上院議員が大統領選挙中にビットコインの寄付を求めたことにさかのぼります。

政治候補者による暗号通貨寄付の受け入れは新しいものではなく、アンドリュー・ヤンやエリック・サルウェルなどの例があります。この傾向は、資金調達活動におけるデジタル資産の重要性の増大を反映し、暗号通貨が主流の政治キャンペーンにますます統合されていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: