Hex Trust、FlareのLayer-1ブロックチェーン上で初のネイティブステーブルコインUSDXを導入

By CoinDesk – 2024/05/22 07:00:06 (JST)

香港を拠点とするHex Trust Groupは、FlareのLayer-1ブロックチェーン上で初のネイティブステーブルコインUSDXを導入し、分散型ファイナンス(DeFi)活動を強化することを目指しています。USDXは、レンディングプロトコルや取引所をサポートし、ClearpoolのT-Poolを介したステーキングメカニズムを提供し、Flare上のDeFiプロトコルでUSDXをステークしているユーザーにcUSDXを提供します。このステーブルコインは、米ドルや同等の資産に対して1:1の比率でペッグされており、ユーザーに安定性と利用しやすさを提供しています。

Flare上のUSDXとClearpoolの協力により、現実のリターンを持つ1:1で裏付けられた安定資産を提供し、FAssetエージェントが安定した担保を効率的に活用できるよう支援しています。Hex TrustのCEOは、USDXの導入が暗号通貨市場のボラティリティを低減し、取引を効率化することに貢献すると強調し、ステーブルコインがエコシステムにもたらす安定性と効率性を強調しました。Flareは、プライベートラウンドで3500万ドルを調達し、現在は総ロックアップ価値(TVL)800万ドルを誇り、発表後にネイティブトークン(FLR)が2.4%上昇しました。

FlareのLayer-1ブロックチェーン上でのUSDXの導入は、DeFi機能の拡張に向けた重要な一歩であり、ユーザーに現実のリターンの機会を提供するステーブルコインオプションを提供しています。ClearpoolとHex Trustの支援を受けたこのステーブルコインは、取引の安定性と効率性を提供し、Flareエコシステムの成長と発展に貢献することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: